スピーカー

UXDTのスピーカーは世界最高クラス
グローバルで活躍するスペシャリストから本質を学ぶ

ENGLISH

  1. フォンツ・モリス

    Fonz Morris(フォンツ・モリス)

    NETFLIX リードプロダクトデザイナー

  2. ルーク・ウロブルスキー

    Luke Wroblewski(ルーク・ウロブルスキー)

    Google プロダクトディレクター&リードマネージャー

  3. Laura Yarrow

    Laura Yarrow(ローラ・ヤロー)

    英国王室登記所
    デザインヘッド

  4. David Dylan

    David Dylan(デイビッド・ディラン)

    コンテンツストラテジスト・UXデザイナー

  5. Marc Stickdorn

    Marc Stickdorn(マーク・スティックドーン)

    サービスデザイン
    シンキング
    CEO More than Metrics

  6. “Scott

    Scott Kubie(スコット・キュビー)

    リードコンテンツ・
    ストラテジスト
    Brain Traffic

フォンツ・モリス

Fonz Morris(フォンツモリス)

Netflix リードプロダクトデザイナー

フォンツ・モリスは、ブルックリン生まれで、現在はサンノゼを拠点とする起業家であり、独学で学んだデザイナーです。フィラデルフィア、ニューヨーク、アトランタ、ワシントンD.C.、カリフォルニアと、米国の両海岸で技術やデザインの仕事に携わってきました。自分を支える教育の重要性に対する彼の信念は、ヨーロッパ、中南米、東南アジアを巡る旅を通じて続いています。2020年以降、Fonz MorrisはNetflixのリードプロダクトデザイナーを務めています。Netflix入社以前は、Courseraでデザインチームのリードでした。

ルーク・ウロブルスキー

Luke Wroblewski(ルークウロブルスキー)

Google プロダクトディレクター&リードマネージャー

緑のシャツがトレードマークのルークはGoogleのプロダクトディレクターであり、リードプロダクトマネジャーです。そしてUXDT史上、最高レベルの講演者の一人です。以前は「Polar」と呼ばれるアプリの共同創立者でCEOでした。「Polar」は2014年にGoogleによって買収されています。またTwitterに買収された「Bagcheck」というアプリにも共同創立者として参加していました。

スタートアップを創業する前は、ebayの大株主であった「Benchmark Capital」において事業をまかされ、Yahoo!にてチーフデザインアーキテクトを務め、またeBayでもインターフェイスのデザイナー、NCSAでもシニアインターフェイスデザイナーを務めています。NCSAは、現在のブラウザの祖先ともいうべき「Mozaic」が生まれた場所でもあります。

Lukeの著書は3冊あり、まずは「Mobile First」他に「Web Form Design」「Site-Seeing: A Visual Approach to Web Usability」とどれも傑作です

加えて沢山のデジタルプロダクトの設計と戦略についての記事を執筆しており、世界トップレベルのカンファレンスや法人向けの講演者として認識されています。

個人では、Luke自身の名前を冠したデザインコンサルティング事務所のLukeW Ideation & Designを経営しています。また、イリノイ州立大学でインタフェースデザインを大学院で教えていました。

忘れてはいけないのは、ルークは、著書にもあるように「モバイルファースト」という言葉の生みの親でもあることです。また、現在のパスワードの表示と非表示の仕組みの目のアイコンがあるとおもいますが、彼が生み出したものの一つです。ルークはデータに基づいた考察から、あたらしいUIを作り出すことができる数少ないUXデザイナーの一人です。彼はGoogleに所属しているから凄いのではなく、Luke自身が最高のUXデザイナーなのです。

Laura Yarrow

Laura Yarrow(ローラ・ヤロー)

Gov.uk Experience UX シニアUXコンサルタント

Gov.uk

ローラは、英国政府のシニアUXコンサルタントで、キャリアの最初はWeb開発者として、現在のキャリアのUser Experience Designになるまで、デジタル業界で14年になります。

大手のクライアントのためのリサーチとUXプロジェクトの運営、デザイン、クリエイティブで興味深い方法でのリサーチの洞察(インサイト)の提供を仕事として沢山の企業をコンサルティングしてきました。

コンテキストの研究、システム思考、行動心理学を常に追求しています。デザインの経験や家族と過ごす時間以外は、読書や庭の手入れ、調子外れ(笑)のピアノ演奏などを趣味にしています。

UXDTが延期されているCoivd19の2年間に彼女は、ついにイギリス政府の英国政府の王室登記所にてデザインヘッドにまで就任しています。ちなみに日本のデジタル庁よりずっと先に発足したのが英国のGov.ukでありGDSとよばれます。今回GDSのUXのトップが日本に来るのは初めてのこと。

David Dylan

David Dylan(デビットディラン)

コンテンツストラテジスト

UX DAYS TOKYOはこれまで、何度も認知心理学を得意とする講演者を何度もよんできました。そしてUXDT2023は、David Dylan(デビット・ディラン)をついに招聘。

Davidは、アメリカの東海岸のフィラデルフィアに在住。

Marc Stickdorn

Marc Stickdorn(マークスティックドーン)

サービスデザインシンキングコンサルタント

ドイツ在住のサービスデザイン業界の超有名人のマーク・ステッカードーン。現在、自身の会社「More than Metrics」のCEOをつとめています。

マークは、戦略的マネジメントとサービスデザインをキャリアをバックボーンにもち、そのキャリアを活かして、企業内における文化や構造、プロセスなどが異なる中でどのようにサービスデザインを運用し持続できるかをコンサルティングしています。

世界各地を飛び回りカンファレンス、様々な大学、企業のエグゼクティブ向けプログラムで講演をおこなっています。企業向けでは、IKEAが主催するエグゼクティブ向けでのワークショップの講師も努めてるなど申し分のない実績をもつ。

「More than Metrics」は、マークの経験からサービスデザイナー向けに「Smaply」 と「ExperienceFellow」と呼ばれるソフトウェアを開発しデザイナーが必要なツールも提供しています。

代表的な著書に「This is Service Design Doing」があり、サービスデザインを学ぶものにとっては重要な書籍の一つです。

Scott Kubie

Scott Kubie(スコット・キュビー)

リードコンテンツ・ストラテジスト

Scott Kubieは、米国ミネソタ州ミネアポリス北東部に住むUXコンサルタントです。A Book Apartから出版された「Writing for Designers」の著者として有名

以前は大手コンテンツ戦略会社Brain Trafficのリード・コンテンツ・ストラテジストとして所属し、Wolfram Researchでは最初のUXコンテンツ・ストラテジスト(戦略家)でした。また、執筆活動に加えUX Writing Eventsのニュースレター(購読をオススメ)を発行しています。

デザイン業界で人気の高いスピーカーであり招聘が非常に困難な講演者の一人です。ハーバード大学、ゲッティ財団、米国国税庁(IRS)などのクライアント向けに、80以上の公開講演やワークショップ、を開催しています。

コンテンツ業界に入る前は、Greater Des Moines Music Coalitionの創立メンバーとして、また35 Music Festivalなどのイベントの立ち上げに携わりました。こういった音楽関連のバックボーンも彼がこの業界で稀有な存在へと押し上げています。

Web Directions East LLC Logo

Presented by Web Directions East LLC

Web Directions East LLCは、10年にわたり世界で開催されているカンファレンスの日本開催支援、コンサルティング業務をおこなっています。

お問い合わせの方は、専用フォームからご連絡ください
Page Top